メニュー
検索
検索

これは見出し要素です

特集:フラッシュメモリの誤解

フラッシュメモリーの
誤解

先入観やイメージだけで
フラッシュメモリーを選んでないですか?

23年以上の販売実績があり、
弊社の主要なビジネスドメインであるフラッシュメモリー。
今回、弊社のPR動画や製品写真などをお願いしたプロ3名の方に、
意外と先入観やイメージでフラッシュメモリーを選んでないか、
また実際に弊社のフラッシュメモリーを使用して新作のご提示とそれらの感想をお聞きしました。
Web上ではインタビュー内容をほぼ完全掲載し、
個々人の感想や新作の意図など興味深い内容になっております。

2016年に弊社の
フラッシュメモリー戦略を
取り上げて頂いた
「マイナビBOOKS」の記事は
下記をクリック

ご登場のお三方に購入のきっかけや、
現在どちらのメーカーを使用していて、
弊社のフラッシュメモリーを
試してみた感想をお聞きしました。

デジタルカメラの普及により、誰でも撮影や動画を気軽に撮影して楽しめる時代。それに伴い記録媒体であるフラッシュメモリーの利用率も比例して増加していますが、その購買動機については、意外と広告などからの先入観やごく限られた範囲内でのクチコミで選定している場合が多いようです。そこで今回は、日頃フラッシュメモリーを使用しているプロの動画監督やフォトグラファーの皆さんに、買うきっかけや弊社のフラッシュメモリーを利用した感想を率直にお聞きしました。


memory-image1
弊社の各種フラッシュメモリー
LISTEN TO THREE PROFESSINALS

さらに弊社のフラッシュメモリーを使用して、
お三方に新しい作品をご提供していただきました。
合わせて是非ご覧ください。

奥藤祥弘

YOSHIHIRO OKUTO
CM、ミュージックビデオを中心に様々なジャンルを 年間100本近く手掛ける若手映像ディレクター。 どんな商品、被写体でも“全力で愛を注ぐ”ことが一番の持ち味。 株式会社奥藤祥弘映像事務所代表

自分の満足度で言うと
もうあと
2~3枚ぐらい
欲しいなって。

奥藤:私の評価は下がりますが、御社製品のこのカードの評価は上がることが一つあります。
―えっ?そんな事があるのですか?
奥藤:私は正直者なので(苦笑)
―では詳細は後ほど語っていただくにして…(笑)今回は宜しくお願いいたします。 今回は映像監督の奥藤祥弘さんで、2016年と2017

関山一也

KAZUYA SEKIYAMA

キャリア30年以上のフォトグラファー。 特に人物撮影に関しては独自の視点と強いこだわりを持つ。
関山写真事務所
(画像クリックで関山氏のサイトへ)

結構回しましたよ今回。
飛ばないのが絶対です。
(御社の製品は)
良いです、良いです。

―今回はですね、フラッシュメモリーの誤解っていうことで、フラッシュメモリーの特集ページを作ろうと。コンテンツちょっと増やしていかなといけないっていうのもあって、じゃあコンテンツ何にしようか?って言った時に、このグリーンハウスって会社がですね、実はメモリー、MACのメモリーから始まった会社なんです。

矢部淳

JUN YABE

同じくキャリア30年以上のフォトグラファー。
人物と物撮りのいずれもバランス感覚に優れ安定的な評価を得ている。
スタジオライズ

でも全然問題なかった。
俺が本当に
思ったことだから。
間違いなく良いと思う。

―今回、フラッシュメモリーの誤解ということで特集ページを作ります。フラッシュメモリーって、うちの会社はメモリーから功を奏したというか、20年以上前なんですけど、当時MACでメモリー増設とかしてたじゃないですか?容量が足りないとかっていって。で、そのメモリ増設の時にうちがメモリーを提供していって。結構、売り上げと規模が拡大し
loading