メニュー
検索
検索

他人事ではない。
相談急増!

このご時世、安全運転を心がけ、
せっかくセットしたのに
撮れていないなんてあり得ない。
もしトラブルに巻き込まれたら後の祭りで、
悔やんでも悔やみきれません。
そんなリスクを防ぎたいなら、
耐久性の高いドラレコ専用SDカードを
おすすめします。

国民生活センターに寄せられた
ドライブレコーダーに関する相談は、
年々増加しており、
中でも事故やトラブルで確認した際に、
初めて映像が記録されていないことに
気がついたという事例が
多く見られたそうです。

2013年~18年6月30日までの
ご相談件数

1
件数

ご相談件数から
記録に関するご相談

444
件数

事例報告

事故やトラブルの時に確認した際、
初めて映像が記録されていないことに気が付いたという
事例も多く見られました。
以下一部抜粋

またtwitter上で
#危険運転 #ドライブレコーダー
で検索するとリスクは隣り合わせだと分かります。

40代男性
埼玉県
2018年 5月

映像が
録画
されず!

当て逃げ事故に遭い、警察からドライブレコーダーの映像提供を求められたが、5 カ月前から作動しておらず、事故当時の映像が録画されていなかった。

40代女性
熊本県
2017年5月

何も
映って
おらず!

ドライブレコーダーは、普通に作動していると思い運転を続けていた。交通事故に遭い、事故の様子を確認しようとしたが、ドライブレコーダーには、何も映っていないことがわかった。

50代女性
福岡県
2017年1月

わずか
2週間分だけ
記録!

10カ月前にドライブレコーダーを購入した。事故時の映像を確認しようとしたら、取り付け後2週間分の映像しか、残っていなかった。

70代男性
山梨県
2016年4月

カード
不良で
録画されず!

ドライブレコーダーを取り付けたが、記録媒体(SDカード)の不良でデータが録画されていなかった。

40代男性
北海道
2014年2月

何も
記録
されず!

ドライブレコーダーの記録を確認しようと、記録媒体のSDカードをパソコンで再生すると、全く録画されていなかった。

ちなみに車内は、
あなたの想像以上に過酷な環境です。

(JAFユーザーテストより)

79℃

夏のダッシュボード最高温度
車内平均温度:51℃
外気温:35℃

-7℃

冬の車内温度(長野)
外気温:-12.92℃

ドライブレコーダーで使用する
SDカードは "消耗品" です!

ドライブレコーダーで使用されるSDカードは、主に以下の過酷な環境

「繰り返される動画の書き込み」
「高温・低温」
「衝撃・振動」

などで使用され、数ヶ月から1年ほどで劣化してしまいます。また昨今はノーブランド品などの安価なSDカードが出回っていますが、これらのSDカードはデジカメやスマホでの使用には問題ありませんが、ドライブレコーダーでの過酷の使用環境には適しておらず、早い劣化を招きます。

もしもの瞬間も
鮮やかに撮れる!

ドライブレコーダー GH-DRA8-BK

上の画像クリックで製品ページへ

劣化したSDカードは
下記の問題などが頻発します。

エラー表示がでる

録画したのに保存されていない

事故などの際に
映像が撮れていないのでは、
ドライブレコーダーを
設置した意味がありません。

この状態に対処するには、
定期的なSDカードの交換が一番ですが、
やはりその頻度は抑えたいものです。
そこでドライブレコーダーでの
使用に適したSDカードを、
使うことでオススメします。

ドライブレコーダー専用
SDカードの特長

書き込み耐久性の高い
MLCチップ採用

安価なSDカード(TLC)は書き込み耐久度が低い

真夏の高温・
冬の低温に強い

車内環境には安価なSDカードでは機能不足

データの破損を防ぐ
電源遮断対策済み

安価なSDカードは何の対策もされていない

ご覧の通り、
安価なSDカードは
「耐久性が必要な
ドライブレコーダー」
には適していません。

つまり、選ぶなら
グリーンハウスの
高耐久専用SDカードが
賢明です。

ドライブレコーダー向け
microSDHCカード

GH-SDM-Aシリーズ(画像クリックで製品ページへ)

ドライブレコーダー向け
SDHCカード

より長持ちさせたいなら
大容量がお勧め!

大容量モデルなら、繰り返しの書き込み回数を減らせるため、SDカードがより長持ちします。
グリーンハウスは、お使いのドラレコに搭載できる最大容量のSDカードをお勧めします。

loading