導入効果

デジタルサイネージ・電子POP・電子看板

デジタルサイネージ・電子POP・電子看板導入の効果

デジタルサイネージでは、看板やポスターなどの従来の広告展開では実現できない大きな効果が期待できます。また、「販売促進のため」以外に、「情報提供のため」のツールとしての活用方法もあります。

  • 1
    情報伝達力アップ

    実際の動きや音、テキストや図を組み合わせることによって、従来の看板やポスターでは表現し切れない情報を提供できます。宣伝広告の目的として、まずは目を留めてもらう、そしてより興味を持ってもらう、さらに理解してもらう、ことが重要であり、映像や写真でよりユーザーに分かりやすく訴求できるデジタルサイネージは費用対効果絶大の広告媒体です。
    また、高齢者向けや会員向けなどの情報提供ツールとしての利用にも最適で、例えば地方自治体やフィットネスクラブなどでも活用可能です。

  • 2
    広告媒体のコスト削減

    初期導入時のハードウェア費とコンテンツ制作費以外は、何度更新しても通信費を除きコストが不要です。大幅な広告宣伝費の見直しにつながります。
    また、電子POPなら、DVDでのプロモーションより店頭での入れ替え作業やDVDのメディア費などの面で、よりコストを抑えることが可能です。

  • 3
    効果的な情報をタイムリーに配信

    複数拠点にコンテンツを一括配信したり、時間帯や設置場所に応じたコンテンツの切り替えやスケジュール管理がリアルタイムに行えます。

  • 4
    時間の短縮、環境負荷の低減

    新しい広告に切り替える際の更新は、データの送信のみで行うことができるので、時間の短縮や紙/インクの資源の削減、輸送時の燃料や梱包材の削減など環境への負荷の低減につながります。

  • 6
    電子広告収入の獲得が可能

    単純に電子広告での訴求力アップという側面以外に、その電子広告媒体を利用して、広告収入を得ることが可能です。