メニュー
検索
検索

Add Your Heading Text Here

One Touch
Beer Server

取り付けカンタン装着でビールがうまい!
ワンタッチビールサーバー

取り付けカンタン
ビールの缶に
差し込むだけ

4つサイズの
缶に
対応可能

乾電池で約30分
350ml缶、
約2時間可能

どんな
ジョッキや
グラスにもOK

製品が生まれた背景

プロダクトデザイン開発担当:超音波式家庭用ビールサーバーをもっと手軽にリーズナブルにお買い求め頂けるモデルがあればより多くの方に楽しんで頂きたいとの思いがこの商品を開発するきっかけです。

How to Use

使い方について

①缶を開けて上部に装着するだけ
②泡の時だけボタンを押します
③女性でもカンタン操作
④機能は上位機種と同じ
⑤スタイリッシュなフォルム

have a Enjoy
Inside & Outside!

発売開始から5年
弊社のビールサーバーが支持されるワケとは?

それは
1秒間に4万回
クリーミーな泡

コクのあるおいしいクリーミーな泡は超音波振動によって生み出されます。重要なのはその周波数。ビールを振動させ泡立てるのに適した振動周波数を徹底検証。最も適していた40kHzに設定しました。これは、目にもとまらぬ速さで1秒間に4万回小さくビールを振っているのと同じです。

だから
非常に
きめ細かい泡!

泡は大きさによって性質が異なります。大きな泡はすぐに弾けてしまいますが、細かい泡は長持ちしてクリーミーな感触をもたらします。ビアホールでは大きな泡が消えるまで1分ほど落ち着かせてから泡を継ぎ足したり、大きな泡の部分を取り去るなどの処理を行うことで細かい泡の割合を高め、美味しい状態を長時間維持しています。弊社の製品は超音波の力によって細かい泡をいつでも、いくらでもお好みの量で注ぐことができます。

実に96%の人が
美味しい

実感!

発売以来、多くの家飲み派に支持されてきました。 実際にご購入いただいたお客様レビューでも高い評価をいただいています。さらに街頭でのアンケートにおいても実に96%の人に「ビールが美味しくなった」と評価していただけました。 ※街頭での試飲アンケート結果によります。

Q : そもそも超音波は、
周波数の数字が高ければ良いのでしょうか?

A :おいしいビールの泡を作る超音波、その周波数は安易に高くすればいいというものではありません。周波数の単位はHz(ヘルツ)、1Hzは1秒間に1回の振動となり、目的・各部材に合わせた適正な周波数によってのみ、最大の効果を生み出すことができます。グリーンハウスは様々な部材と周波数を検証、40KHzが最も適していると判断しました。すなわち、1秒間に5万回でも6万回でもなく「1秒間に4万回の振動」のみが、極上のビールの泡を作ることができるのです。

また、超音波振動は1回当てれば充分、ただ単純に超音波振動部を増やしても、泡に超音波振動を当ててるだけなので、効果が上がる事はありません。

見かけだけの数字に惑わされずに、美味しいビールを楽しみましょう!

開発者の想い

let's cheers
with
One Touch
Beer Server!

loading