メニュー
検索
検索




お知らせ
2019年09月10日

首都直下地震想定「大規模地震時医療活動訓練」で当社無線モジュール端末が採用

2019年9月7日に実施された「大規模地震時医療活動訓練」におきまして、衛星通信とGPSトラッキング機能を持つ当社LPWA端末
(Low Power Wide Area)とを組み合わせた災害救助活動支援ネットワークを臨時構築し、当社GPS LoRa端末が採用されました。

> スカパーJSAT株式会社のリリースページはこちら

(実施内容)

LPWA

日時:2019年9月7日(土)9時~17時

場所:帝京大学医学部附属病院(東京都板橋区)とその周辺地域

協力会社とその役割:
IoTBASE株式会社
・IoTデータモニタリングサービス「IoTCanvas」※1の提供
菱電商事株式会社(電気通信事業者)※2
・電気通信事業者としてLoRa送受信アンテナ及びLoRaWAN通信サービスの提供
株式会社グリーンハウス ※3
・LoRa端末の提供
使用機器:LoRaWAN規格を採用したLPWA端末。GPSトラッキング機能に加え、現場に入るDMAT隊員への伝達手段となるアラーム機能を搭載。
内容:東京都の通信網が寸断した想定で、被災地の拠点病院(帝京大学医学部附属病院)に臨時設営したLoRa送受信アンテナ+スカパーJSATのExBirdサービス経由でクラウド上にあるサーバまでの伝送路を構築。従来、DMAT隊員は衛星携帯電話や無線などを携行して災害現場で活動するが、着信できない通信環境下での活動も否定できない。本実証では、DMAT隊員からの位置情報発信に留まらず、本部からの連絡手段の検証として、アラームを搭載したLoRa端末も携行。2次災害の発生リスクなど、緊急性の高い状況を隊員に知らせる一次手段としてLoRa端末のアラームを鳴らす運用を実施した。
結果:到達エリアが広く携帯性のよいLoRa端末のアラーム機能を有効活用することができ、本部からの緊急通報が速やかに届くことを実証できた。

モニター

スカパーJSATは、病院・医療機関の皆様、本実証にご協力いただいた関係各社と共に、いつ起きてもおかしくない地震などの災害時に備え、今後も衛星通信の特性を活かしたサービスで災害医療に貢献してまいります。

※1 IoTデータモニタリングサービス「IoTCanvas」:取得したセンサーデータを可視化するWebアプリケーション https://iotbase.co.jp/service/iot-canvas/

  IoTBASE株式会社 https://iotbase.co.jp

※2 菱電商事株式会社 https://www.ryoden.co.jp

※3 株式会社グリーンハウス https://www.green-house.co.jp

loading