メニュー
検索
検索




新製品
2013年03月04日

「スマートグリーン」で始めよう!電力の「監視」と「制御」で省エネ対策!

「スマートグリーン」で始めよう!電力の「監視」と「制御」で省エネ対策!

電力監視システム  |  スマートグリーン

株式会社グリーンハウスは、ビルや店舗や工場などの電力使用状況を、リアルタイムに収集できるクラウドを活用した電力監視システム「スマートグリーン」を新発売いたします。

「スマートグリーン」は、法人向けの事業所エネルギー監視システム(BEMS)に利用できる、効率的なエネルギーマネージメントを支援する電力監視システムです。「スマートグリーン」のクラウドサービスによって、工場やオフィス、店舗での使用電力をリアルタイムに収集し、電力の「見える化」と「監視」を実現します。

現在の電気料金制度は、契約電力で決まる基本料金と電力使用量で決まる電力量料金により計算され、契約電力はデマンド時限(30分間)の平均使用電力である、デマンドが基準となり決定されます。そのデマンドの電力ピーク値が最大デマンドとなり、最大デマンド値が大きくなれば契約電力も大きくなります。つまりコスト削減のためには、契約電力を低く抑えるために、デマンド監視によりデマンドのピークを抑えることが重要なのです。

そこで「スマートグリーン」は、電力ピーク値を抑え、電力量の無駄をカットさせるために、現在の電力値表示、積算電力量の記録、電力量の予測、しきい値(上限/下限)による機器制御、しきい値を超えた場合の異常通報などの機能を搭載しました。ビル単位、分電盤単位、小ブレーカー単位、また、電力監視モジュールを搭載したOAタップを使用すれば、末端のOA機器など1台1台の詳細な電力消費量も把握することもできます。また、ネットワーク越しにスマートフォンやタブレットなどの携帯端末から、電力使用状況の監視や電源OFFの遠隔操作も行うことができ、さらに無駄な電力を削減することも可能です。

「スマートグリーン」のクラウドサービスにかかる費用は、月額のASPサービス料金(1,850円~)と電力計測用モニタ、クランプ、ケーブル、ゲートウェイなどの部材費と工事費の初期費用となりますが、例えば、100店舗展開の販売店様において、1店舗あたり月間約3万円の削減を達成したとすると年間約3600万円の削減となり、投資費用を簡単に上回る電気代の削減が実現可能になります。導入工事は基本的には追加機器の設置のみなので既存の構成を変えずに済み、利用でも月々のサービス料を払うだけで良いため、電気工事や内装業者様にとっては、電気機器を販売した後に『電力コスト削減』をキーワードにしてランニングで利益を生む商材にもなります。

さらに、小規模での展開でも初期投資費用を抑える、レンタルプランもご用意させていただいております。お気軽にご相談ください。

スマートグリーンのクラウドサービス

サービス価格 サービス開始日
月額利用料 1,850円~
(税別、電力監視用サービスライセンス1回路あたりの基本料金)
※ご使用環境により異なります。
2013年3月上旬

スマートグリーン用機器

機器 型番 / JANコード 希望小売価格 発売予定日
1口OAタップ
(電力監視・無線通信機能付き)
GH-SG-OA1ZP / 4511677074219 オープンプライス 2013年4月下旬~
6口OAタップ
(電力監視・無線通信機能付き)
GH-SG-OA6ZP / 4511677074226
電力量表示モニター GH-SG-EMZP / 4511677074240
ゲートウェイ GH-SG-GWZP / 4511677074257

ご使用上の注意

  • 記載されている商品名、製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 製品のデザイン、仕様は改良などにより、予告なしに変更する場合があります。
  • 製品画像の色は実際の製品と異なる場合があります。
  • リリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容および企業情報などは発表日現在のものです。
loading