検索

ABOUT GREEN PURCHASING

グリーン購入について

グリーン購入について

グリーン購入とは

製品やサービスを購入する際に、購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境のことを考え、環境への負荷ができるだけ小さい製品やサービスを優先して購入することです。

グリーン購入法とは

グリーン購入法の正式名称は「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」です。 この法律は、2001年4月より施行された、国や地方自治体等に対してグリーン商品の購入、購入努力を義務づける法律で、商品ごとに判断基準・配慮項目が定められています。 国が率先して環境に配慮した商品を購入することで、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築をはかることを目的としています。

グリーンハウスのグリーン購入

グリーンハウスはグリーン購入ネットワーク※に参加し、グリーン購入を促進するとともに、環境への負荷が少ない製品を選択するためのデータベースへの情報登録など、積極的にグリーン購入への情報提供をしていくことにより、より一層お客様の環境発展に協力したいと考えています。 また、様々な環境規格をクリアした製品をご提供することにより、より一層お客様の環境発展に協力したいと考えています。
※グリーン購入ネットワーク(GPN)とは環境への負荷が少ない製品やサービスの優先的な購入を進める消費者、企業、行政の全国ネットワークです。

グリーンハウスのグリーン購入法に該当する製品分類

液晶ディスプレイ 以下の判断基準すべて満たしていることが条件です。

  • 省電力モード時の消費電力が15W以下であること。
  • ディープスリープモード時の消費電力が8W以下であること。
  • 動作が再開されたとき、ディスプレイが自動的に使用可能な状態に戻ること。
グリーン購入法適合製品マーク

上記の判断基準をすべて満たしている製品には、グリーン購入法適合製品として上記のマークがついています。 液晶ディスプレイページからでも確認することができます。

環境基準を満たした製品を
ラインナップ

環境基準

液晶ディスプレイにおいては、グリーン購入以外にもさまざまな環境基準を満たした製品をラインナップしています。

RoHS指令マーク

詳しくはこちら

Jmossグリーンマーク

詳しくはこちら

VCCI

情報処理装置等電波障害自主規制競技会(Voluntary Contorol Council for Infomarion Technology Equipment) VCCIは、電子機器から発生する妨害電波を抑制する目的で設立され、妨害電波の放出を国が規定した基準以下に抑えるよう自主規制を定めています。

TCO’99

TCOは、スウェーデンの事務労働者連絡会によって制定された規格で、コンピュータ関連機器の安全性や省エネ性、使いやすさ等、一定の基準をクリアした商品に適応される認定基準です。認定基準に厳しい条件が義務づけられており、米国やEU諸国でも関心を高めています。

エネルギースタープログラム

国際エネルギースタープログラムは、地球環境を守るためにオフィス製品に対して定めた省電力のための規格です。低消費電力機器を備えた製品の開発、普及の促進を目的としています。

TUV

ドイツ政府公認の独立した民間検査機関で、各種産業機器・設備、エネルギー機器、環境と安全などに業務を拡大し、その規格は発色などディスプレイ性能についても詳細に制定されています。

loading