デジタルサイネージとは

デジタルサイネージ・電子POP・電子看板

デジタルサイネージとはどんなもの?

デジタルサイネージ(電子看板、電子POP、電子看板)とは、ディスプレイに映像や情報を表示する仕組みのことを指し、ポスターやチラシなどの紙広告に変わり、映像や音声・音楽などでアピールできる新しい広告媒体・コミュニケーションツールとして非常に注目されています。また、デジタルサイネージは単に動く広告から、様々なネットワーク、インタラクティブな機能を搭載し日々進化を続けています。

デジタルサイネージ・電子POP・電子看板の店舗イメージ

デジタルサイネージ・電子POP・電子看板のパブリックスペースイメージ

例えば、販売店の店頭で映像を使って商品の使い方を説明したり、ショッピングセンターなどでタッチして探せるフロアガイドを設置したり、またはネットワークを利用して全国の支店で使われているデジタルサイネージの内容を一括で変更したり、そこで興味を持ってタッチされた商品のマーケティングデータを収集したりなど、デジタルサイネージを導入する事により、売り場での販売促進や効率的なキャンペーンの告知など、様々な効果が期待できます。
また、デジタルサイネージを使えば、動画や画像のスライドショーを流すことができ、新製品のPR、キャンペーン情報、クーポン配布などをより効果的に広報することが可能です。また、ネットワークを利用すれば一度に情報を書き替えることができ、迅速な販売戦略を実現できます。

デジタルサイネージの種類
スタンドアロン型

プレーヤが、1台ごとに独立して運用されておりネットワークを使用せずに直接コンテンツ入力を行うものを「スタンドアロン型」と定義する。簡易な運用を基本として、コンテンツ更新には、媒体(DVDやUSBメモリーなど)の入れ替えや装置内蔵のメモリー書き換えなどを行う。プレーヤ数が少ない場合、運用上の負担は少ないが台数が増加したときには小規模システムに移行することが望ましい。台数が増えてくると、コンテンツの更新や運用管理面でコスト増となる点が課題である。
スタンドアロン型のイメージ

ネットワークシステム

プレーヤが1台から数十台あり、ネットワークに接続されて運用されているものを「小規模システム」と定義する。小規模システムは、1拠点または、複数拠点に配置された端末(プレーヤ)がネットワーク接続されており、管理サーバ側からのリモート運用(コンテンツの更新や監視)が可能である。小規模システムでは簡易な運用システム(デジタルサイネージシステム)を導入することで、比較的容易なデジタルサイネージシステムの自主運用が行える。
ネットワークシステムのイメージ

コンテンツ配信について
ネットワークを利用することによって、遠隔地にあるプレーヤにコンテンツやスケジュールを配信する方式を、スタンドアロン型と対比して、ネットワーク配信型とする。ネットワーク配信型デジタルサイネージは、デジタルサイネージの特徴を生かし、最新の情報をタイムリーに提供したり、広域ネットワークを活用し、全国規模、全世界規模のデジタルサイネージシステムを構築したり出来る。ネットワーク配信型システムは、同一館内で用いられるローカルLAN 型のものと、広域ネットワークを用いるタイプのもので区別する場合がある。ネットワーク配信型は、センター側のコントロールにより、表示コンテンツやスケジュールをきめ細かく制御することが可能であり、一斉同報や、各プレーヤ個別のコンテンツ再生など、多彩な運用方法をコントロールできる点がメリットである。
遠隔地へのコンテンツ配信もネットワーク経由で行われるため、即時性が高く、かつ配信コストが安い(物理転送と比較して)点にメリットがある。
出典:デジタルサイネージコンソーシアム『デジタルサイネージシステムガイドブック』より引用